2017年01月10日

ちょこっとメバリング & ロンフォート リアルデシテックスWX8のインプレ

条件はあまりよくないが、前回ちょこっとメバリングへ。

サラシは適度にあってよさそうだが、月の光量が強め。

やはり上ずってはいない。

それでデカキビナーゴを少し沈めながらメバルのレンジを探っていく。

だいぶ深い… ボトム近くでようやくバイト。

DSC_0103.jpg

尺近いメバル。今にも生まれそうなマタニティ。

その後は、同レンジで25センチ以下のメバルがポツポツと。

DSC_0104.jpg

最後にボトムを探るとカサゴもポツポツ。

DSC_0106.jpg

ボトムにメバルはなし。

今日は殆どリリースでした。

イルカも周ってきているようだし、そろそろデカアジ、サバあたりも周ってきそうな予感です。


よつあみ(YGK) ロンフォート リアルデシテックス WX8 のインプレッション



今回は、前から欲しかった、YGKよつあみ ロンフォート リアルデシテックス プレミアム WX8 150mHP 0.4号を思い切って買って、使ってみました。

DSC_0107.jpg

このリアルデシテックスの最大の利点は、同強度で0.2号分、細いラインが使えるということ。

使ってみての感想ですが、価格以外は素晴らしいの一言です!

巻いた直後のラインは少なからずトラブルがあると思っていたのですが、トラブルは皆無!適度なコシとしなやかさがありスプールにしっくりとまとまります。

DSC_0105.jpg

そしてやはり細い分、飛距離もかなり伸び、感度もグッと上がった感じ。一番期待していた強度も期待通りで感覚的には通常のPEラインの0.6号程度。(数値上も0.4号でMAX13lbありますので0.6号ほどの強度があります)

十分エギングでも使えそうです。またホタルイカパターンのチヌやシーバスにも活用できると思います。尺メバルやデカアジを主体に使うなら0.3号で十分です。

0.4号でも8本撚りなので滑りも抜群。プレミアムWX8を使ってしまうと元のラインでは満足できなくなってしまうかもしれません。まさに釣りの幅を大きく広げてくれるプレミアムラインだと思います。

あとは使っていくごとに強度が落ちていくので、どれくらい耐久性があるかが気になるところ。

0.3号
YGKよつあみ ロンフォート リアルデシテックス プレミアム WX8 90mHP 0.3号
YGKよつあみ ロンフォート リアルデシテックス プレミアム WX8 150mHP 0.3号
YGKよつあみ ロンフォート リアルデシテックス プレミアム WX8 210mHP 0.3号

0.4号
YGKよつあみ ロンフォート リアルデシテックス プレミアム WX8 90mHP 0.4号
YGKよつあみ ロンフォート リアルデシテックス プレミアム WX8 150mHP 0.4号
YGKよつあみ ロンフォート リアルデシテックス プレミアム WX8 210mHP 0.4号

0.5号
YGKよつあみ ロンフォート リアルデシテックス プレミアム WX8 90mHP 0.5号
YGKよつあみ ロンフォート リアルデシテックス プレミアム WX8 150mHP 0.5号
YGKよつあみ ロンフォート リアルデシテックス プレミアム WX8 210mHP 0.5号


フィールド:富山
ヒットルアー:デカキビナーゴ
ライン:YGKよつあみ ロンフォート リアルデシテックス プレミアム WX8 150mHP 0.4号
タックル:ティクト BEFO ビーフォー BFO-80T13セルテート 2004
天気、潮:上げはじめ前後

今年の主要なヒットルアーとその釣果 (2017 9/8更新)


アオリイカ10杯ほど


アオリイカ20杯ほど


シーバス10匹程 チヌ5枚程


メバル10匹ほど
カサゴ30匹ほど
チヌ4枚


シーバス1匹
チヌ5枚
メバル10匹ほど
カサゴ10匹ほど


チヌ5枚程
カサゴ10匹程
メバル100匹程


富山県の釣りブログ一覧 >>>

posted by ALL NIGHT FISHING at 14:17 | タックルインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

ティクト b4 befo bFO-80T インプレ & 今期ファースト尺メバル

新調したライトゲームロッド、ティクト BEFO ビーフォー BFO-80Tの試し振りも兼ねてメバリングへ。

ポイントにつくと、やはりウネリが強い。

しかし風はなく好条件。ただ潮の流れは緩い。


とりあえず前回、目を付けておいたこのポイントで粘ろうと決めていたので、場を荒らさないように慎重に手前から、そして上層からと、セオリー通り探っていく。

1キャスト目、手前でアジ。

2キャスト目、小メバル。

DSC_0060.jpg

同じく3キャスト目、小メバル。

DSC_0061.jpg

こんな感じで手前は22センチ程までのメバルやアジがポコポコと釣れるが、サイズが伸びない。ちなみにbFO-80Tはちゃんとアジの小さなバイトも拾ってくれる感じ。

そこで少し遠目にキャストするとやっと少しまともなサイズ。

DSC_0062.jpg

25センチほど。メバルの乾いたようなアタリもよく拾ってくれます。


しかしその後はどこのレンジを探ってもフルキャストで遠投してもメバルのアタリは皆無でアジのみ。

潮も流れてきたのにおかしい。

それで流れを変えようとプラグで誘ってみることに。するとローリングベイト48SSSのフォールで時々アタリがある。しかし乗り切らない。

それにヒントを得て、デカキビナーゴで中層シェイキングしてみる。

すると狂ったようにメバル連続で掛りだした。

DSC_0063.jpg

いきなり31センチの尺メバルからスタート。重量感も半端ない。

次も中層シェイキングの止めでコン!

DSC_0066.jpg

サイズは27センチほど。

次はカウント5ほどでシェイク。

DSC_0068.jpg

これが一番引いてくれた。28センチ良型メバル。

時合いなのかと思い、念のためスローリトリーブ、リフトフォールなども試してみるがやはり反応がない。

そこでまた中層シェイキングに戻すとやはりアタる。

DSC_0069.jpg

こちらも28センチほど。

次も同パターンで25センチほど。

ここでサイズが落ちてきたので、とりあえず今釣った25〜31センチまでのメバルで集合写真。アジは比較のため置いてみました。

DSC_0071.jpg

マタニティと小さめは全てリリース。

その後もポツポツとメバルがヒットし、終盤カサゴが掛りだしたので終了としました。

今日は、あまりメバリングで使わなかった中層シェイキングという面白いパターンがハマった一日でした。


今回、新調したライトゲームロッド、ティクト BEFO ビーフォー BFO-80Tを簡単にインプレッション。

パワー、感度ともにバランス良く兼ね備えていています。感度だけを考えたら、やはりインバイトの方が上です。しかしメインにPEラインを使う自分のメバリングに丁度よい感じのロッドでした。

DSC_0074.jpg

今日は31センチオーバーまでのメバルをこのBFO-80Tでやり取りしましたが、ちょっとスペックオーバーな感じもあります。ただプラグ(重ためのシンペン、ライトメタルジグ)の遠投性能は抜群です。なので今回試してはいませんが重ためのキャロにも最適だと思います。

またこれからのメバリング、ホタルイカパターンで掛りだすチヌやシーバスを考えると、これ1本でそれらと対等に渡りあえる良いロッドだと思います。ちなみにジグ単で使う場合は1g程度もさほど違和感なく使えますが1.5gくらいからがおすすめです。

ロッドのバランスはとても良く、私はティクトのバランサーウェイトを1つ付けて丁度よい感じです。持ち重りも全くありません。


【SPEC】
Length:8ft 244cm Lure:0.4g-14g Line:1-5lb PE:0.1-0.6号


フィールド:富山
ヒットルアー:デカキビナーゴ
タックル:ティクト BEFO ビーフォー BFO-80T13セルテート 2004CH
天気、潮:上げ3分〜潮止まり

今年の主要なヒットルアーとその釣果 (2017 9/8更新)


アオリイカ10杯ほど


アオリイカ20杯ほど


シーバス10匹程 チヌ5枚程


メバル10匹ほど
カサゴ30匹ほど
チヌ4枚


シーバス1匹
チヌ5枚
メバル10匹ほど
カサゴ10匹ほど


チヌ5枚程
カサゴ10匹程
メバル100匹程


富山県の釣りブログ一覧 >>>

posted by ALL NIGHT FISHING at 13:23 | タックルインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

ティクト インバイト IB710-TBのインプレッション。尺メバル、デカアジ、チヌ用として。

約3年間、おそらく合計釣行回数100回以上に使用しましたが、先日、ラインがロッドに絡まった状態で投げてしまったらしく、ついに穂先が折れてしまいました…
ほぼ満点といっても過言でないくらい良いロッドでした。

IB710-TB

ティクト INBITE インバイト IB710-TB
【SPEC】 7'10"(240cm)2pc、Weight 110g、top Dia:1.2mm、But Dia:8.7mm、Rig wt:1/32-7/16oz(約0.9g-12g)

ティクト インバイト IB710-TBの良い所


・対応ウェイトが幅広い!
0,8gのジグヘッド単体から10g程度のプラグまでちゃんと使えます。
2.5号くらいのエギングでも問題なく使用できました。(でもこの時にガイドにラインが絡んだ状態で投げ折れました。エギングは負荷的には可能ですが、キャスト時注意が必要です。)

・高感度
アジの小さいコツッとしたバイトや、メバルのバイトの微妙な違和感まで的確に捉えることができます。スラムなどの上位機種はさらに高感度なのかもしれませんが私はインバイトの感度で大満足でした。

・ものすごく強い!
尺メバルやデカアジはもちろんの事、ふいに掛かるチヌ、シーバス、ショア真鯛もとれます!足場のいい場所で時間を掛ければ獲れるというのではなく、ショア真鯛(70センチクラス)も足場が悪い場所で2分ほどで寄せれました。いつも取り込みで失敗しますが…
少なくとも50センチ程度のシーバス、チヌなら問題がないロッドパワーを持っています。バットが強いのはもちろんのこと、ベリー、そしてティップもチューブラーなので強いです。

ティクト インバイト IB710-TBの悪い所


・ガイドの大きさ
感度重視、トラブル低減のためだと思いますが、特にティップにかけてガイドが非常に小さいです。このスペックならば太めのラインやリーダーを使う人もいると思うので、好みにもよりますが、もうワンサイズ大きいと理想です。メバル、アジだけ狙う方は丁度いいと思います。

ティクト インバイト IB710-TBとの組み合わせ


ロッド: ティクト インバイト IB710-TB
リール: 13セルテート2004CH(RCS2004スプール) or 13セルテート2004 ATD
ライン: ゴーセン ドンペペ8 0.6号 or R18フロロリミテッド 4lb

ティクト インバイト IB710-TBでの釣果


最大43センチまでのアジが連発。



尺メバル御三方。抱卵はリリース。



メバル32.5センチ!



キジハタ40アップ。



ショアマダイも!



ホタルイカパターンでのデカアジ、チヌの連発。



こちらでは珍しいヒラスズキともご対面。






今年の主要なヒットルアーとその釣果 (2017 9/8更新)


アオリイカ10杯ほど


アオリイカ20杯ほど


シーバス10匹程 チヌ5枚程


メバル10匹ほど
カサゴ30匹ほど
チヌ4枚


シーバス1匹
チヌ5枚
メバル10匹ほど
カサゴ10匹ほど


チヌ5枚程
カサゴ10匹程
メバル100匹程


富山県の釣りブログ一覧 >>>

posted by ALL NIGHT FISHING at 18:16 | タックルインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

エバーグリーン ポセイドン ゼファー ストリームマスター PZS-88のインプレッション。シーバス、チヌ、フラットに使っています。

ゼファー ストリームマスター PZS-88は主にシーバス、ホタルイカパターン(チヌ)、フラットで使っているロッドです。以前使っていたラッキークラフトESG 8.7からの変更です。調子はESG 8.7にかなり似ています。全体的にとてもバランスの取れた良いロッドです。

evergreen-zephyr-streammaster-PZS-88.jpg

エバーグリーン(EVERGREEN) PZS-88 ストリームマスター
【SPEC】 Length:8.8ft、Lure Weight:7〜24g、Line:8〜14lb

ポセイドン ゼファー ストリームマスター PZS-88の良い所


・本当に小さいルアーから違和感なく扱える。
たいていのロッドはカタログのスペック表記で7g〜となっていても最小キャパのルアーを使うと硬く扱いづらい。(最大キャパが20gオーバーのロッドの場合)しかしゼファー ストリームマスターは軽い7g程度のルアーでもしっかりと扱えて、なおかつ最大キャパのウェイトでもフルキャストできるパワーを持っている。

・しなやか、反発が適度。
これは個人の好みや釣るターゲットにもよるところですが、富山のホタルイカパターンには最適だと思います。反発の強すぎるロッドだとアクションでルアーが飛びすぎたり、フッキングが上手くいかなかったりしますが、ゼファーはしなやかでしっかりとのせてくれます。比較的柔らかい竿ですが粘りがあり50アップのチヌ、90アップのシーバスも安心してファイト出来ています。もちろん感度も悪くありません。飛距離もロッド全体が適度に曲がってくれるので良いです。

・バランス。
それほど軽さを重視した竿ではないがバランスが取れているので持ち重りもありません。

ポセイドン ゼファー ストリームマスター PZS-88の悪い所


今の所、自分の釣りにマッチしているので悪い点はありません。あえて言うならばリールシートがブラック塗装してあり塗装が取れてくるので、塗装無しでいいと思います。

ポセイドン ゼファー ストリームマスター PZS-88との組み合わせ


ロッド: エバーグリーン ポセイドン ゼファー ストリームマスター PZS-88
リール: 08ツインパワーC3000(夢屋typeUPE0820スプール)
ライン: YGKよつあみ リアルスポーツ G-soul X8 アップグレード 0.8号

ポセイドン ゼファー ストリームマスター PZS-88での釣果


今年のホタルイカパターンでのシーバス連チャン。



河口での一本。



朝マズメのチヌ連発。



根が点在するサーフにて。



ウェーディングでも使っています。






今年の主要なヒットルアーとその釣果 (2017 9/8更新)


アオリイカ10杯ほど


アオリイカ20杯ほど


シーバス10匹程 チヌ5枚程


メバル10匹ほど
カサゴ30匹ほど
チヌ4枚


シーバス1匹
チヌ5枚
メバル10匹ほど
カサゴ10匹ほど


チヌ5枚程
カサゴ10匹程
メバル100匹程


富山県の釣りブログ一覧 >>>

posted by ALL NIGHT FISHING at 15:24 | タックルインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

今使用中のロッド、リール、ライン、ルアーのタックルインプレッション。

ちょっと時間があったので今使用しているタックルをまとめてみました。

基本的に機能・価格重視で、自分の求めるスペックやスタイルにマッチしたものを選んでいます。

現在、使用しているタックルはこちらです。

DSC_0091.jpg

ロッド


シーバスロッド: エバーグリーン ポセイドン ゼファー ストリームマスター PZS-88
エギングロッド: シマノ セフィアCI4+S803MLオリムピック カラマレッティーEX GOCTXS-832ML
ライトロッド: ティクト b4 befo bFO-80Tスラッシュ タイド・ヴィジョン TV782TBティクト インバイト IB710-TB(ちょっと前に折れました)
ロックフィッシュロッド: シマノ ボトムノック S706M
ショアジギロッド: パームス ブルービジョン BVKS-96MH
ジギングロッド(スピニング): TENRYU ジグ・ザム ディープライダー JDR631S-5
ジギングロッド(ベイト): パームス メタルウィッチ MWGC-612M
タイラバロッド: パームス メタルウィッチ MWGC-633B
キャスティングロッド: オリンピック GSOBS-78MH
ティップランロッド: テイルウォーク ティップライド チタンリミテッド 77ML-ti
トラウトロッド: シマノ カーディフ 60L、スミス マジカルトラウトULF MTS−56HULP

リール


リールはライトルアーを扱うものについてはダイワ、それ以外はシマノを使っています。個人の好みですが、ダイワの無抵抗のリーリングがライトゲームには使いやすく、シマノのリーリングの少し重みのあるシルキーさ、ドラグの滑らかさがビッグゲームには使いやすいと感じているからです。

ライトゲーム用: 13セルテート2004CH(RCS2004スプール)、13セルテート2004 ATD
トラウト用: 12ルビアス2004H(RCS2004スプール)
ルアチヌ・シーバス・ソルト全般用: 08ツインパワーC3000(夢屋typeUPE0820スプール)
エギング用: 09セフィア2500SDH
ショアジギ用: 09ツインパワーSW4000XG
オフショア用(スピニング): 09ツインパワーSW8000HG、10ツインパワーSW5000XG(6000HGスプール)
オフショア用(ベイト): 08クラド200J、11オシア カルカッタ200HG

ライン


最近はPEラインはスムーズ、強度重視で8ブレイドで揃えています。

エギング、ライトゲーム用: ゴーセン ドンペペ8 0.6号、YGKよつあみ ロンフォート リアルデシテックス WX8 0.4号
ルアチヌ・シーバス・ソルト全般用: YGKよつあみ リアルスポーツ G-soul X8 アップグレード 0.8号
ショアジギ・ジギング用: YGKよつあみ ガリス ウルトラジグマンWX8 0.8号(タイラバ)1.5号(ショアジギ、ベイトジギング) 3号(ジギング) 4号(キャスティング)
トラウト用: ヤマトヨ ファメルトラウト トラウトサイトエディション 4lb

良く使うルアーとアクセサリー


他にも使っていますが、特に富山で釣れると思っているルアー達です。最近は良くない傾向ですが使うルアーが固定化されてきています。

ライトゲーム(メバル・アジ): デカキビナーゴ、活アジ ストレート
ホタルイカパターン(チヌ・シーバス): ズィークイッド75 90、ファイヤーフライ、ローリングベイト48
トラウト: Dコンタクト、issen、PUREスプーン
エギング: ロケッティア
ショアジギ: アフターバーナー、シーフラワー

スナップ: 音速スナップ、アクティブスナップSS、Vスナップ


今さらインプレッションが必要のなさそうなタックルは省いて、これから少しずつレビューしていきたい思います。興味のない方は読み飛ばしてくださいm(_ _)m

今年の主要なヒットルアーとその釣果 (2017 9/8更新)


アオリイカ10杯ほど


アオリイカ20杯ほど


シーバス10匹程 チヌ5枚程


メバル10匹ほど
カサゴ30匹ほど
チヌ4枚


シーバス1匹
チヌ5枚
メバル10匹ほど
カサゴ10匹ほど


チヌ5枚程
カサゴ10匹程
メバル100匹程


富山県の釣りブログ一覧 >>>

posted by ALL NIGHT FISHING at 15:00 | タックルインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...