2016年03月25日

ホタルイカのピンスポット接岸

先日の釣行。まずはサーフポイントへ。しかしホタルイカの気配はなくウグイっぽいアタリだけ。

そこで少し移動し、ウェーディングで狙ってみることに。

まずは根回りのロックフィッシュから探ってみる。

しばらくしてようやく一匹目のカサゴ。

まだウェーディングの根魚はそれほど活性が高くないらしい。

その後カサゴはポツポツ釣れるが、1時間ほど粘ってもホタルイカが出てこないので居付きのチヌを探ってみる。

ここは既に今シーズンホタルイカが入ってきているので黒鯛はホタルイカを意識してステイしているはず。

タイトに根周りをトレースするとガツガツッ!

重量感はないが心地よい引き。

01.jpg

38センチくらいのチヌ。

しかしこの後、続かないので場所移動を決行。


次のポイントはピンポイントでホタルイカが接岸しているようでタモを入れている人が少し。

メバルも多いポイントなのでデカキビナーゴをチョイス。

すぐに上層でコツ!

軽くキビキビした引きだったのでメバルかと思ったが小さめのチヌ。

02.jpg

このポイントはすでにホタルイカパターンのスイッチが入っているようでコンスタントにアタリが続く。

足元付近で良型メバル。

03.jpg

少しオープンラウンドを狙うと40センチほどのシーバス。メバルとシーバスはファイヤーフライにて。

04.jpg

最後は少しサイズアップの黒鯛を追加してタイムリミット。

05.jpg

今日は2つのポイントでチヌが3枚とシーバス1匹、根魚多数。根魚とチヌは同行者におすそ分け。

06.jpg

特に今の時期(ルアチヌシーズン初期〜)はホタルイカがいるスポットを探すのが肝ですね。



フィールド:富山
ヒットルアー:ズィークイッド90デカキビナーゴファイヤーフライ
タックル:08ツインパワー C3000ポセイドン・ゼファー ストリームマスター PZS-88
天気、潮:下げ5分〜潮止まり


富山県の釣りブログ一覧 >>>



posted by ALL NIGHT FISHING at 12:31 | ホタルイカパターン(ルアチヌ、クロダイなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。