2014年09月04日

ボトムチヌの模索

先日に引き続きボトムチヌの開拓へ。

だいぶ思ったポイントでアタリを出せるようになってきたけど、時間の見極めや場所の選定が難しい。

まずはコツンコツンとしたアタリをためあわせて一枚。

DCF00019.JPG

前回よりさらにサイズダウンしたクロダイ。今回はジグヘッドプラス活チヌという簡単なリグ。アタリは多いがサイズが選べないのと根がかりが多い…

それから、やはり2枚目がなかなか出ない。

ここから根魚のアタリに。

DCF00021.JPG

DCF00026.JPG

ガシラやキジハタ。前回と同じパターンだ。

それでポイントを移動しボトムチヌのポイントを探すがアタリのみで終了。


意外と奥が深い釣りかもしれない。そろそろアオリイカも気になるし魚種が増える今日このごろ。次は何を狙いに行こう。



フィールド:富山
ヒットルアー:ジグヘッド+活チヌ
タックル:シマノ ボトムノック S706M09セフィア C3000SDH
天気、潮:曇り、下げ9分〜潮止まり


富山県の釣りブログ一覧 >>>



この記事へのコメント



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。